足のにおいの原因は? | 足のにおいが気になったらこれで解決

足のにおいの原因は?

皆で楽しく集まっている中、足がものすごく臭く雰囲気をぶち壊したとなると、顔向けができなくなります。
靴を脱がなければ大丈夫と思われるかもしれませんが、靴を脱がなくともにおいは出ています。
足のにおいを消し去るには、どうすれば良いのでしょうか。
足のにおいを消し去るためにも、原因を突き止めてみます。

足のにおいの原因について、真っ先に思い浮かぶのが汗でしょう。
汗のにおいが原因となって、においが立ち込めていると考えるのは当然のことです。
しかし実は、足の汗そのものは無臭になっています。
だから「足の汗がにおいの原因」と、はっきり断定することはできません。
でも足の裏には汗を出す器官が集中しており、他の部位と比べると汗が出やすくなっているのは事実です。

足のにおいの原因は汗ではなく、汗が大好物な雑菌類です。
靴を履くと足の周りは温かくなり、気が付かない内に足は大量の汗をかきます。
すると靴の中は高温多湿状態になり、雑菌にとってはパラダイスそのものです。
もし長時間同じ靴を履き続けているのならば、雑菌にとっては南国の楽園リゾートです。
南国楽園リゾートでリラックスしているとなったら、元気が出るのも当然でしょう。
足のにおいの原因は、パワーアップした雑菌そのものにあるのです。

また足のにおいは、ストレスが引き起こしていることも考えられます。
ストレスがたまると足に大量の汗をかき、雑菌が増えていきます。
「ストレスはそんなに感じていない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスは気が付かない内に溜まるものです。
例え自覚が無かったとしても、ゆっくり休むことを強くおすすめします。

「足のにおいが酷い」と、色々とこれまで試してきた方もいらっしゃるでしょう。
しかし根本的な部分を解決しない限り、足のにおいから解放されることはありません。
靴下をこまめに変えて通気性が高い靴に変えるだけでも、においは劇的に改善されるでしょう。
そしてゆっくり休んで、のんびり過ごしましょう。