エタノールと精製水のオリジナルフットスプレーで足のニオイの悩み解決 | 足のにおいが気になったらこれで解決

HOME » 対策について » エタノールと精製水のオリジナルフットスプレーで足のニオイの悩み解決

エタノールと精製水のオリジナルフットスプレーで足のニオイの悩み解決

気になる効果は?

たぶん使った時から効果が出ていたと思います。

毎日使っているうちに、そういえばあのツンとする臭いがしなくなったなと思いました。

使ってみたレポート

10代の頃から自分の足の臭いに悩まされてきました。

オールシーズン足が蒸れて臭ってきてしまうのですが、特に夏は悲惨で、靴下を履いていても蒸れて臭うし、通気性がいいかと思いきや素足でスニーカーやサンダルを履いても足の裏が湿ってきて臭うしで、困っていました。

足の臭いを隠そうと思って通気性のよくない靴を履くのが逆によくないのはわかっているのですが、通気性のよい靴ではいよいよ空気中に臭いが広がってしまうのです。

不快な臭いで、これがまわりにも臭っているのかと思うと、自分の足が臭いだしてくるたびに泣きそうな気持ちになっていました。

これはなんとかしなければと思い、コスメショップで足の消臭ができるようなアイテムがあるか聞いてみたときに、フットスプレーなるものを教えてもらいました。

それは消臭というより清涼感のためのスプレーだったのですが、とりあえずそれを買ってみました。

別の店を見てみると消臭用のフットスプレーもちゃんとあり、それも買って、両方試してみました。

靴の中が湿ってきたらトイレなどで足の裏と靴の中にフットスプレーを吹きかけるようにしていたら、しばらくして、そういえば足の臭いがましになったような気がしました。

これはいいものを見つけたと思ったのですが、毎日使うのですぐなくなってしまいました。

数十mlで数百円もするので、毎日使うには結構な金額になってしまうので、自分でも作れないかと思いインターネットで探してみたところ、フットスプレーの作り方を公開されている方のページを見つけました。

作り方は簡単で、消毒用アルコールと精製水を一定の割合で混ぜるだけ。

さっそくドラッグストアで材料を買って、市販のフットスプレーの空きボトルに入れて作ってみました。

これをフットスプレーとして足の裏や靴に使っていたところ、足の臭いはほとんど気にならなくなりました。

市販のものよりむしろ消臭効果があるのではと思ったほどです。

おそらく消臭には量も必要で、自分で作ると市販の10分の1以下の値段で作れるので、市販のものより惜しみなく使えたのがよかったのだと思います。

以来、この自作フットスプレーのおかげでほとんど足の臭いに悩まされなくなりました。

本来は一定の割合で混ぜるのですが、最近は目分量でやっています。

足だけでなく脇の消臭にも使えて、万能の消臭スプレーとして重宝しています。