足裏角質パック・重曹いろいろ試した結果、足を洗うのが一番 | 足のにおいが気になったらこれで解決

HOME » 対策について » 足裏角質パック・重曹いろいろ試した結果、足を洗うのが一番

足裏角質パック・重曹いろいろ試した結果、足を洗うのが一番

気になる効果は?

1週間程度で角質が取れツルツルにはなったが臭いは少ししか軽減しなかった

使ってみたレポート

仕事後の足の臭いが気になっていました。

角質ケアは30分程液の入った袋の中に足を入れておきます。

液自体からいい匂いがします。

とても冷たいので冬は注意が必要です。

角質ケアは1週間程で皮がめくれはじめ、気持ちがいいほどベロベロに剥がれました。

爪の生え際や指の間もです。

とてもツルツルにはなりましたが、肝心の臭いが軽減したかというとそれにはあまり効果が見られませんでした。

重曹水は洗面器に重曹を50g程入れて15分程足湯をしました。

やっている間は特に実感はありません。

角質ケアよりは臭いがなくなった気がしましたが、仕事の時に午後には臭いが気になるようになりました。

結局はあまり効果は感じられませんでした。

重曹水は臭いを吸着するとネットに書いてあったのですが、殺菌効果はないようです。

足の臭いの原因は雑菌が付着していることのようなので殺菌効果がない重曹水では効果が出なかったようです。

仕事中などに靴に消臭スプレーをかけたこともありました。

その瞬間は確かにいい匂いがするのですが、所詮強い匂いをかぶせているだけなので1時間もしないでまた臭くなってきてしまいました。

結局の所靴をこまめに洗うのが一番効果がありました。

足自体が臭うというより靴の臭いが移ってしまっていたようです。

洗剤で洗い、日光で乾かすことで靴の布の中に繁殖していた細菌が死滅したようです。

靴を乾かす時間がない時は中敷を洗い、干すだけでも効果がありました。

靴の雑菌の原因は足の汗であることは間違いないので角質ケアや重曹水をしつつ、臭いが気になるようになったら靴を洗うというのが一番確実なようです。

少しめんどくさいですが、それが一番効果があった方法です。