石鹸とストレス軽減で効果が見えた | 足のにおいが気になったらこれで解決

HOME » 対策について » 石鹸とストレス軽減で効果が見えた

石鹸とストレス軽減で効果が見えた

購入したきっかけ・気になる使用感は?

足が蒸れないように靴を履く時間を減らし、椅子に座っている間は常に靴を脱いだ。
また、家に帰ったら即石鹸で足を洗い、生活習慣を改善をこころがけストレスを軽減した。

靴を履いている時間が短くなってもやはり靴下を脱ぐと悪臭がすることは変わりませんでした。
もちろん足を洗うとその場は改善しますが、また靴下や靴を履くと元に戻ります。

使ってみたレポート

足が匂うのはいつも外から帰って靴を脱いだ時です。
故に足が蒸れて雑菌が増殖することが悪臭の原因と考え、雑菌が増えないようにすることこそが最良の対策だと思っていました。
そこで私は会社に着くや否や、オフィスで上履きは履かずに椅子に座っているときは靴下も脱ぎ、常に素足で過ごしておりました。
あまり周囲の目に素足であることがばれないように気を遣っていました。
すると、一日の大部分がデスクワークの私としては、一日の中で蒸れる時間を大幅に削減できたと思い、かなり改善するものと考えていました。
しかし、また靴を履いて家に帰ると、玄関を上がった瞬間から足の悪臭が匂ってきます。
もちろん、汗ふきシートで拭いたり、お風呂で足を洗って悪臭をとるのですが、蒸れる時間を削減するだけでは悪臭は改善しないと理解しました。

ネットで悪臭の原因を調べたところ、要因は複数あり、ストレスがたまるだけでも悪臭に繋がったり、足の角質がうまく取れていないことで雑菌がたまっていたり、蒸れ対策だけでは解決しないことをやはり確認しました。
そこでまず日常のストレスを発散するために、生活習慣を変えました。
以前は朝食をとらず、夕食に脂っこいものを多量に摂取していましたが、食事を3食にし、夜間に多量に食べることをやめました。
また、週に2回から3回は夜ランニングで運動をし、汗をかくことにしました。
また、角質が取れないということに対しては湯船に毎日使ってある程度柔らかくしてみるということをやってみました。
妻曰く、少し改善したかもと言っていましたが、どちらかというと運動によるストレス解消によって体の機能が改善したことが寄与したかなと考えています。
あまり足裏の角質層が薄くなった感じはしないため、風呂に浸かるだけでは意味がないのかもしれません。