「使用済みドリップコーヒーの粉入り袋」を靴に入れる | 足のにおいが気になったらこれで解決

HOME » 対策について » 「使用済みドリップコーヒーの粉入り袋」を靴に入れる

「使用済みドリップコーヒーの粉入り袋」を靴に入れる

1.どのような臭い対策をしましたか?使ったの商品名や対策の内容を教えてください

使用済みのドリップコーヒーの粉入り袋をそのまま天日干しで十分に乾かしてから、左右の靴に一つずつ入れて使用した。

2.対策して どのくらいで効果がでましたか? または、効果がでませんでしたか?

即効果が出ました。

足の裏の嫌な臭いがなくなり、べたつき感も消えました。

3. 実際に対策してみた 経験談 や 感想 を教えてください

コーヒー好きなので使用済みのドリップコーヒーの粉入り小袋を何か活用できないかと考えて、この足の臭い対策を思いつきました。

具体的には、使用済みのドリップコーヒーの粉入り小袋をベランダで天日干しします。

念のため、天気のいい日に丸二日くらい干すと良いです。

その後、この小袋を普段よく履く靴の左右に入れ、一日中履くだけです。

仕事柄、外出して車を運転する時間が長いので、靴の中の足が蒸れて臭いが発生しやすく悩んでいました。

しかし、こうした対策を施してからは、むしろ一日中靴を履いているだけに、ドリップコーヒーの粉による消臭効果を十分に発揮でき、足の臭いだけでなく、靴の臭いもほとんどしなくなりました。

毎日ドリップコーヒーを3~4杯は飲むので、幸い足りなくなることはありません。

この消臭対策のヒントとなったのは、コンビニのトイレでした。

頻繁に利用するコンビニのトイレの床のコーナーに鉢植えみたいなプラスチックの皿があり、その中にコンビニコーヒーの使用済みのコーヒー粉が大量に入っていたのです。

「なるほど、無駄のないリサイクルだな」と思い、トイレの消臭で使えるなら、足の臭い対策にも使えるなと考えた次第です。

ということで、約半年前からほぼ毎日、靴の中に使用済みのドリップコーヒーの粉入り小袋を靴の中に入れて歩いています。

コーヒーの粉の消臭力は大したものですね。

臭いが消えるだけでなく、足の裏の汗ばんだべたつき感もほとんどなくなります。

幸い上述の通り、天日干しの作業さえ怠らなければ、ストックは十分にあるので、使用は1日ごととして毎日新しい小袋に入れ替えています。

唯一の難点は、靴を脱ぐとき、小袋が靴下に張り付くことが多く、それが外出先の玄関先ないし床に落ちてしまうことです。

何度か他所のお宅でうっかりしてしまいました。