お米のとぎ汁であしのにおい対策 | 足のにおいが気になったらこれで解決

HOME » 対策について » お米のとぎ汁であしのにおい対策

お米のとぎ汁であしのにおい対策


最初に気になったのは臭いよりも足の裏の皮がポロポロと剥がれ落ちてきたことです。

季節が冬だったら乾燥のせいかな~なんて思ったでしょうが、気づいたのは5月。
もう春も真っ盛りでちょっと暑いくらいの陽気になっていました。

気になっていながらもちょっと放っておいたある日、靴を脱ぐとイヤな臭いがしました。
納豆のにおいのような、典型的な足の裏臭と言えば分かりやすいと思います。

靴下を脱いでみると皮のボロボロはもっとひどくなっています。足の指と指の間が特にボロボロです。

水虫??と青ざめました。

でもネットで調べてみると足の皮がむけたり臭いが出たりしていても必ずしも水虫ではないようです。

ストレスや食生活や不安感などで足に汗をかくとそうなってしまうみたいですね。
確かに思い当たるフシはいくつもありました。

原因はなんとなく分かったのでどうにかしようと思い調べたところ、良いものを見つけました。
お米のとぎ汁風呂です。

これは本来捨ててしまうものなので費用もかかりませんし口に入っても大丈夫なものだから安心安全です。

とてもお恥ずかしながら我が家はお金があまり無いですし、効くかどうか分からないクスリを買うよりもまずは試しにやってみようと早速お米のとぎ汁を用意しました。

我が家は毎日3合のお米を食べるので3合分のとぎ汁をお風呂場に持って行き、大きめの洗面器にとぎ汁を投入。

それだけでは冷たいのでお風呂のお湯を足して、その中にざっと洗ったあとの両足を浸けました。
大体5分くらい足湯の要領で浸かり、足の指を再びごしごし洗ってから洗面器の中身はそのままお風呂に入れてしまいます。

あとは普通に入浴をしていました。

正直即効性は無いと思いますし効果も薄いかもしれません。

でも米のとぎ汁には美肌効果があって足のボロボロは次第にツルツルになってきました。臭いもなんとなーく薄くなったような??

なんと言っても米のとぎ汁は本来捨ててしまうもの。
ナチュラルで安心ですし試しにやってみる価値はありますよ!